Slow expander緩徐歯列拡大装置(拡大床)

会社紹介画像
弊社独自の緩徐歯列拡大装置はマウスピース型アライナーとの一体型を採用。取り外しが可能なため、清潔に利用できる他、今までは困難とされていた成人の歯牙の平行移動による歯列拡大を可能にしています。

マウスピース型アライナーとの一体型を採用。困難だった成人の歯牙の平行移動による歯列拡大が可能に

弊社では、従来の緩徐歯列拡大装置に加え、完全オリジナルデザインでの緩徐歯列拡大装置の製作も承っております。

一般的に言われている緩徐歯列拡大装置のデメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

①長時間の使用を前提にしている
②臼歯部の頬側へのティッピング
③前歯部空隙の発現

弊社が開発した完全オリジナル装置(特許取得済:特許第6736614号)は、弊社アライナーとの併用により、従来と同様の効果を維持したまま、上記のような緩徐歯列拡大装置のデメリットを解消しやすくなっております。また、適用外とされていた成人への適用も可能になっております。

トップに戻る