Joint research東京大学との共同研究

東京大学との共同研究イメージ
日本の最先端研究機関である東京大学附属病院との共同研究によって、さらなる技術力強化と顧客満足度の向上に努めてまいります。

東京大学口腔外科・小児外科を母体講座とした社会連携講座「組織幹細胞・生命歯科学講座」を開設

2020年4月から、より効率的で合理的な歯列矯正診療を推進するエヴィデンスを創出すべく、東京大学口腔外科・小児外科を母体講座とした社会連携講座「組織幹細胞・生命歯科学講座」を開設(古村眞 特任教授)しました。

同講座ではin vitroで伸展刺激による骨細胞の動態と基質増減を解析します。併せて、薬剤・細胞治療を用いた歯肉再生についての研究も行っています。

当研究を通して、マウスピース歯列矯正、およびブラケットワイヤーを併用したコンビネーション治療における新たなデファクトスタンダード足り得る技術を模索していく所存です。

【講座内容】
●in vitroで、伸展刺激による骨細胞の動態と基質増減を解析
●歯肉再生について、薬剤治療、細胞治療法の開発

トップに戻る