Joint research大阪大学との共同研究

大阪大学 器官制御外科学 (整形外科)海渡貴司講師との共同研究を開始イメージ
海渡貴司講師との共同研究を開始。さらなる技術力強化と顧客満足度の向上に努めてまいります。

大阪大学 器官制御外科学(整形外科)海渡貴司講師との共同研究を開始

2021年3月から、効果的な骨組織の代謝バランス制御に関するエヴィデンスの創出を目指し、大阪大学 器官制御外科学 (整形外科) 海渡貴司講師との共同研究を開始しました。

本共同研究では、骨リモデリングの分子機構の制御を目標に、骨組織に与える様々な刺激に対する応答を解析していきます。

当研究を通じて、歯列矯正や骨折治療、骨粗しょう症治療など、骨の代謝に関わる様々な問題に対処する新しい技術の確立を目指して研究を行っていきます。

【共同研究内容】
●in vitroでの骨細胞の細胞応答を分子・構造レベルで解析
●より快適で効率的な歯列矯正技術、新しい骨折治療や骨粗しょう症改善技術の開発

トップに戻る